造化機論を受けて読まれた明治期の狂歌

独リ亀頭ヲ握ツテ機論ヲ読ム。
知リ得タリ精虫ノ子孫ヲ作ルヲ。
造化ノ奇妙感心ノ至リ。
始メテ識ル手淫ノ心魂ヲ弱スルヲ。

不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です